子供のやる気に火をつける!第一志望の高校に合格させる勉強法とは!

中3の夏から偏差値を10以上上げるには?

中3の夏から偏差値を10以上あげる方法がある?
と聞かれても、それは誰にも判りません。

 

もし、簡単に偏差値を上げられる方法があるのならば、みんなが天才になっていると思いませんか?

 

中学3年の夏時点の偏差値が40台であるのか、それとも55以上なのかでも、かなり違ってきますね。

 

偏差値が40台の方なら、夏から頑張れば公立高校を受験する頃までに、偏差値を10以上あげる事は可能かもしれません。
しかし、その段階で55以上もある場合は、そこから10以上あげる事は無謀と言ってもよいでしょう。

 

私達は「偏差値」と簡単に言っていますが、実際に偏差値は試験を受けるたびに変動するものなので、いくら勉強しても偏差値が全くあがらないと言う場合には、まず、自分はどんな問題が得意で、どんな問題が苦手なのかを正しく把握する事が大切です。

 

例えば、文章問題や証明問題が苦手の場合は、なぜ文章問題や証明問題が苦手なのかを分析してみる必要があると思います。

 

さらに、文章問題が苦手な場合でも、このパターンの問題は解けるけれど、このパターンの問題には時間が掛かると言ったように細かい分析も重要となります。

 

漠然と問題集を解くだけの勉強をして時間を掛けて勉強しても、偏差値をあげる事は難しいでしょう。
自分が苦手とする分野を冷静に突き詰めて判断し、その苦手を克服するからこそ、偏差値はあがっていく事を覚えておいてください。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ