子供のやる気に火をつける!第一志望の高校に合格させる勉強法とは!

受験生の夏休みの過ごし方

「夏休みを制するものは受験を制する」とはよく言ったもので、夏休みの過ごし方が受験の結果を大きく左右すると言っても過言ではありません。

 

夏休みと言う誘惑に負けて、ここでつい遊んでしまうような子供であれば、他の受験生、ライバルに大きな差を付けられてしまう事は目に見えています。

 

休み明けに大きく成績が伸びるか、それとも大きく成績が落ち込むかの違いがハッキリと分かれるのが夏休みの過ごし方なんです。
同じ公立高校を受験するライバル達に差をつけられないためにも、夏休みの間に弱点をしっかりと克服しておきましょう。

 

高校の受験は、通常5科目で行われる学校が多いと思うので、もし1つの教科に弱点があると合計の点数に大きく響いてしまう可能性があります。
その為にも、まずはこの段階で弱点を克服しておく事が受験においては重要事項になるんです。

 

苦手な教科や自分自身の欠点と言った、弱点を克服する事を夏休みの目標にしてスケジュールを組んでみましょう。
もちろん、苦手な分野ばかりを勉強していたら、モチベーションも上がらないと思うので、適度に得意分野の勉強も織り交ぜていく工夫も必要となり、気分転換をどのタイミングで行うのかも大切な事です。

 

点を無くそうとあれもこれもと欲張ってしまっては、夏休みだけでは時間が足りずに結局どれも中途半端な結果になってしまう可能性があるので、それだけはくれぐれも注意するようにしてくださいね。

毎日どれくらい勉強すれば合格できるのか?

高校受験を控えている人にとって、気になるのが学習時間だと思います。

 

毎日どのくらい勉強すれば合格できるのか気になると思いますが、人によって合格に必要な勉強時間は異なるので、一概に何時間とはいえません。

 

志望校によって異なりますし、その人の学力によっても異なります。

 

ただ、勉強時間が多い人ほど合格できる可能性は高いです。

 

1日1時間の人よりも1日4時間勉強している人の方がしっかりと受験対策ができているので、当然といえば当然ですよね。

 

一般的には、中学3年生の平均勉強時間は1日3時間程度だといわれています。

 

受験が近づくと、1時間増えて平均4時間程度になるようです。

 

3時間~4時間くらいというのが一般的な勉強時間なので、これを目安にするのも良いかもしれません。

 

しかし、学力が低い人の場合は、1日3時間~4時間勉強しても合格できない可能性があります。

 

勉強時間をもう少し増やすというのも1つの方法ですが、あまりにも長いと集中力が続きません。

 

単に時間を長くするだけでなく、効率の良い学習を心がけるようにして、集中して勉強するようにしましょう。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ