子供のやる気に火をつける!第一志望の高校に合格させる勉強法とは!

面接のコツ

高校受験に付き物なのが、筆記試験と面接だと思います。

 

面接では、筆記試験では見ることの出来ない本人の内部を判断されます。
面接ではどんなことを抑えておけば良いか、いくつかのポイントを紹介したいと思います。

 

公立高校の場合は超難関校とは違い、最低限の常識やコミュニケーション能力さえあれば、特に問題はないと思いますが、油断してはいけませんよ。
面接は日頃の生活態度が、表面に現れてしまうので注意が必要なんです。

 

まず1つ目のポイントとしては

  • その高校をなぜ選んだのか?
  • 入学後にはどのような目的を持って勉強していきたいか?
  • はっきりと伝えられるようにしておくと良いと思います

 

また、公立の高校を受験されている方は、他の高校も受験していることが多いと思います。
もし、その高校が第一志望でなかったとしても、わざわざ嘘をつく必要はありません。

 

それよりも、将来の目標や夢などをしっかりとした態度で受け答えが出来るようにしておいて下さい。

 

 

2つ目のポイントは、日頃の生活習慣やマナーが出来ているかのチェックです。
志望動機などを聞き出すことも、面接官にとっては重要なポイントではありますが、面接では、面接中のしぐさや態度を見て、コミュニケーション能力やしっかりとしたけじめが身に付いているかをチェックしています。

 

面接を行う教室に入ってから退室するまでのマナーや態度、服装などもしっかりとチェックされているので、マナーと身だしなみには、日頃から気を使っておくようにすると良いでしょう。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ