子供のやる気に火をつける!第一志望の高校に合格させる勉強法とは!

理科の勉強法

理科という教科は、数学のように公式が多いわけでもなく、社会のようにたくさん暗記物があるわけではないので、他の教科と比べても集中的に勉強すれば、短期間で実力がアップする教科だと思います。

 

理科には、生物、運動とエネルギー、化学変化、地球と宇宙など、さまざまな単元があります。
まずはどの単元においても、基礎となる知識をしっかりと身につけ、基礎が身についたところで細かい知識を暗記するとよいと思います。

 

いきなり難しい問題を解こうと思っても、基礎がしっかりしていなければ答えることは出来ないので土台はしっかり作りましょう。

 

人によって得意な単元や苦手な単元があると思いますが、試験ではどの単元が出題されるかわかりません。

 

答えられない単元が無いように、苦手な単元があったとしても、最低でも基礎となる部分はしっかりおさえておきましょう。

 

また、理科ではグラフや図が頻繁に出てきます。
授業でもたくさん実験や観察を行ない、グラフや図を書いたと思いますが、試験でもグラフや図を用いて解く問題が出るので、勉強する際は自分でグラフや図を書きながら、問題を解くように心がけましょう。

 

そうすることによって、勉強した時の印象が残りやすく、試験でも解きやすくなります。
そして、運動とエネルギーなどの公式に当てはめて計算するような単元では、公式などを理解して暗記した上で数多くの問題を解きましょう。

 

問題を数多く解くことによって、しっかりと覚えることができます。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ