子供のやる気に火をつける!第一志望の高校に合格させる勉強法とは!

英語のリスニングが苦手の場合の勉強法

英語のリスニングは、どのように勉強をしたらよいのか分からずに、やり過ごしてしまう人は多いと思います。
ですから、英語の中では一番差がつきやすい部分だと言えるでしょう。

 

では、どのようにしてリスニングの勉強をしていけばよいのでしょうか?

 

リスニングの勉強法は、まず聞くことが一番大切です。
その際のポイントは、ただ英語を聞き流すのではなく、きちんと英語に耳を傾けて集中して聞くことです。

 

市販されているリスニングの問題集を使い、CDで流れてくる英文と日本語訳を照らしあわせながらだいたいの内容を理解し、英文を見ながらCDを聞きます。

 

そうすると、英語が喋れない人が話す英語とネイティブの英語では、聞こえ方がまるで違うことに気がつくと思います。

 

ネイティブの英語に耳が慣れてくると、英語独特の抑揚やリズムや強弱などが徐々にわかってきます。
また、リスニングの問題集を実際に解いた時に、復習することも非常に重要なので、解いた問題を答え合わせしただけで終わりにしてはいけません。

 

問題を解決しないまま次の問題を解いても、また同じような問題で間違ってしまうものです。

 

間違っってしまたら、そのままにせずに今度は文章を見ながらもう一度聞き取りをします。
そうする事によって、耳で聞いていた英語はなんだか難しそうに聞こえたのに、文章を見ながら聞いてみると意外と簡単なことを言っていることに気がつくと思います。

 

きちんと聞き取れるようになるまで、文章を見ながら何度も聞きます。
そして、再度何も見ずにネイティブの発音に注意しながら英語だけを聞きます。

 

こうすることで、英語の聞こえ方や聞こえてくる英語の意味への理解力がすごく深まるでしょう。

 

このように集中して英語に耳を傾けることによって、リスニング力はかなり身につきます。

英語で点数を取るコツ

英語が苦手という人は多いですし、中にはもう諦めている人もいるのではないでしょうか?

 

しかし、ちょっとしたコツを覚えることによって、点数を取ることができるので、安心してください。

 

英語で高得点を取るコツ

  • 単語を覚える
  • 文法をマスターする
  • リスニングの練習を行う

 

単語を覚えることができれば、たとえ文法が分からなくても長文問題の意味がなんとなく分かるようになります。

 

この「なんとなく」というのが非常に重要で、そもそも試験では英語の長文を完璧に理解する必要はありません。

 

ある程度理解することができれば、どういった問題なのかだいたい分かるので、正解率がアップします。

 

また、単語を覚える場合は書くのも大事ですが、声に出して発音するのも忘れないでください。

 

発音することで、さらに覚えやすくなります。

 

それに、文法をマスターすれば、英語の点数が大幅にアップするでしょう。

 

せめて基本的な文法だけでも覚えて、適切に訳したり、作文したりできるようにしておいてください。

 

それから、英語の学習CDなどでリスニングの練習を行うのも、点数を取るためには重要です。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ