子供のやる気に火をつける!第一志望の高校に合格させる勉強法とは!

英語の長文問題が苦手な場合の勉強法

英語の長文問題が苦手という受験生は、結構多いのではないでしょうか?
それほど難しい文章でなくても、文章が長いというだけで不安に思ってしまう人もいるようです。

 

英語の長文問題対策としては、基本的な英単語や英熟語を覚えることと、英語長文用の参考書や問題集などを使って英語の長文に慣れることです。

 

英単語・熟語をマスターした上で、英語長文問題に慣れる、この二つの方法を行わない限り英語の長文問題は解けるようにならないので、地道な努力が必要になります。

 

英語長文用の参考書や問題集は順次レベルを上げ、一度やったら終わりではなく、最低でも3回は復習しましょう。
繰り返し解くことで、単語の意味や文法なども覚えます。

 

実際の問題の解き方としては、まず単語の注釈を見ておきます。
そして問題を眺めてから、長文(本文)を読んでいきます。

 

英語の長文では知らない単語も出てきますが、自分が知らない単語はほかの受験生も知らないのが普通だと思うので、それほどビビる必要はありません。
前後の語句や文章から意味を推測していきましょう。

 

また、登場人物をしっかり把握することもポイントです。
登場人物の名前には丸などのしるしをつけ、どの人がどのようなことを言ったり、どのようなことをしているのかを把握すると文意がつかみやすくなります。

 

複雑で長い文章は、主語や接続詞の前で斜線を入れて区切ると理解しやすくなります。

 

英語の長文は慣れが必要です。
数をこなしていけば早く読めるようになり、かつ読解力もついてくるので頑張ってください。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ