子供のやる気に火をつける!第一志望の高校に合格させる勉強法とは!

部活はやっていたほうが良いか?

公立高校を受験する時は、部活動を頑張っていた等の内申点も重視されると聞いたことのある方も多いと思います。
部活動をやっていない方は、ちょっと心配かもしれませんが安心してください。

 

部活動をしていないからと言って、ハッキリと公立高校の受験に不利になる事はありません。
基本的に公立高校の入試は、当日の成績と内申の点数で決まります。
その割合は、6対4程度の比率と思っていれば良いでしょう。

 

部活動をしていなかったからと言って、内申の点数が極めて悪くなると言った事はありません。
また、積極的に学校の行事に参加していたり、委員会の活動に貢献していたりした事も考慮してくれます。

 

中学校の先生は生徒のよい所を探し出して見つける事も仕事なので、少しでもよい所があれば必ずそこをアピールしてくれるので、部活動にはそれほど執着しなくて大丈夫だと言う事ですね。

 

中学3年間を通して部活動を頑張ったからといって、それだけで内申の点数が評価される訳ではありません。

 

中学3年生の時点で部活動を行っていないからと言って、内申の点数を上げる為に好きでもない部活動を焦って始めるような必要は全くありません。
ただし、その他の生活態度でも内申の点数が期待出来ないようであれば、学習の面ではこれまで以上に頑張る、生活面では積極性をアピールする等の努力は行った方が良いです。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ