子供のやる気に火をつける!第一志望の高校に合格させる勉強法とは!

高校受験勉強法の基本

高校受験の勉強法としては、特別に変わったことをするわけではありません。

 

高校には公立および私立があったり、商業高校とか工芸高校または音楽高校などの専門化された高校があったりします。

 

さらに大学の付属高校などもあって、それぞれの入学試験問題はかなり大きく異なっているものです。

 

したがっていずれの高校を受験するかを、中学1年生ぐらいの間に決めておく必要があるでしょう。

 

さらには高校を卒業したら大学へ進学するのか、あるいは就職するのかなどの目標を明確にしておきたいものです。

 

それらによって高校受験の勉強法も変わってくるでしょうが、この勉強法といっても中学校で毎日習っていることを完全に理解することがもっとも基本的であり、またもっとも大切なことです。

 

この完全に理解すると同時に暗記するとか、覚えきってしまうことが含まれてきます。

 

そのためには、中学校で習ったことはその日のうちに復習をかならずする習慣を身につけつことが必要です。

 

このその日のうちにということがとても大切であって、復習が翌日以降にならないようにしましょう。

 

同時に翌日の予習をもたとえ浅くてもよいので、あらかじめ目を通すとか、問題集などがあれば先ずは自分なりの解きかたによってトライしておいてください。

 

そして翌日には先生が教えてくれる授業の内容において比較してみるのです。

 

まったく正しかったこともあるでしょうし、まったく異なっていることももちろんあってかまいません。

 

その違いをよく理解するようにすると、帰宅してからの復習がとても楽しくなるものです。

高校受験の勉強法<要約>

高校受験の勉強法には、じつに多くの異なった個人差とか条件などなどなどによっていくつもの方法があるものです。

 

人の方法を真似ることで効果的に学習できるケースも大いにあるかもしれません。

 

昨今の高校は公立と私立の区分とか、商業あるいは工芸の高校というような区分もあって、入試問題の内容そして出し方にもかなりの相違がみられているようで、先生そして両親には大いに納得いくまでアドバイスなどを得るようにしましょう。

 

受験希望者としては、その高校を選ぶ理由さらには卒業後には進学するのか就職するのかなどをできるだけ明確にしておきたいものです。

 

英語においては、いまや国際語ともいえそうであって、小学校ではネイティブの先生がすでに教育に参加されている例が増えてきていますので、やはり最優先した時間割が必要でしょう。

 

国語は母国語として人との会話や読書における大切さは、言うにおよばないことです。

 

単なる暗記物をはほど遠いものでしょう。

 

数学は筋道が通った明確な考え方の育成のために図形そして数式の魅力があるもので、とりわけ幾何学には尽きない妙味があるものです。

 

理科に関しては、物理の電気そして運動の魅力にとらわれることがあるでしょうし、化学は電池自動車とのこともあってより強い関心がもたれるでしょう。

 

地球における尽きない魅力が、今の若い人を惹きつけるに違いないでしょう。

 

社会においては、人類の歴史と世界観に通じるものとして、中学生時代からの関心の寄せ方に期待されるでしょう。

 

地理においては、見知らぬ外国への憧れの芽生えにも展開することも大いにあるものです。

 

学校の先生と同時に、家庭環境そして両親の指導との両立に大きく期待されていくことです。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ