中三の夏休みや冬休みの過ごし方

長期休暇の過ごし方

高校受験対策には、長期休暇の過ごし方が非常に重要になってきます。

 

春休みも長期休暇に含みます。

 

長期休暇はまとまった休みですから、それまでの復習をするのには大変良い機会となります。

 

しかし、「長期」の休みであるために、ついつい勉強を後回しにしてしまい、遊ぶことが最優先になってしまう生徒が少なくありません。

 

小学生のときに、宿題を休み最後の数日で片付けていたかたは要注意です。

 

休みは、あっという間に過ぎ去りますから、きちんと計画を立てないとすぐに新学期がやってきます。

 

これまでに何度もの長期休暇を経験しているでしょうから、それは実感としてわかっていることと思います。

 

だからこそ計画を立てなければなりません。

 

しかしながら、計画だけならば、毎日10時間の勉強時間を取ることは簡単です。

 

本当にそれが可能でしょうか。

出来る自信があるのでしたらもちろん構わないのですが、多くのかたにとっては無理でしょう。

 

最初は5~6時間程度で計画を立ててみてはいかがですか。

 

5~6時間でも毎日きっちりと勉強できるかたは多くないように思います。

 

2~3日続けてみてもっと増やせそうならば増やしてください。

 

受験勉強なのですから、勉強時間は多いほうが良いです。

 

学習塾の高校受験対策として、夏期講習や冬期講習に通うのであれば、その時間にプラス3~4時間程度でも良いかもしれません。

 

講習にどの程度の時間がかかるかによって、変わってきますね。

 

部活動に出なければならない日もあるでしょうし、合宿や、家族旅行の日もあるかもしれません。

 

そのように勉強できない日の前後は、少し勉強時間を多く取るということもひとつの方法です。

 

計画通りにできた日は、ゲームが出来るとか好きなオヤツを食べることができるなど、自分に小さなご褒美をあげて励みにするのも良いでしょう。

中学三年の冬休み

中学三年の冬休みはもう高校受験が目前です。

 

今から高校受験対策といったところで、もう遅いくらいではありますが、まったくやらないよりはやったほうが良いです。

 

しかし、中三の冬休みから高校受験対策を始めるかたは、それこそ一日中勉強していないと追いつきません。

 

それでも、ぎりぎり受験前にやる気を出したのは大変良いことです、と褒めるべきでしょうか。

 

少しでも合格率をあげるために必死で頑張りましょう。

 

一生に一度や二度は、死ぬ気で勉強する時期があって良いのではないですか。

 

それも残りほんの数十日程度のものなのですから。

 

普通に受験勉強を頑張ってきたかたがたも、中学三年の冬休みは高校受験対策の大詰めですから、それまでの勉強の成果をより完璧に近づけるよう仕上げに入ります。

 

その時点でまだ苦手な分野があるかたは、この冬休みこそ苦手分野を重点的に勉強してください。

 

特別苦手な部分もなく、どの教科もそれなりに出来上がっているかたは、高校入試の過去問題にトライしてみることをおすすめします。

 

毎年、出題される問題は違いますが、入試問題に慣れるという点でも、ぜひやってみてください。

 

と、同時に、三年生の三学期の試験にも備えなければなりません。

 

最後の試験だからと手を抜いてしまいますと、内申点も下がりますし、志望校のランクを下げることにもなり兼ねないからです。

 

受験目前にきて、そのようなことにならないよう全力を尽くしてください。

 

試験の範囲も、当然ながら高校受験の範囲に含まれているわけですからね。

 

冬休みというと、クリスマスやお正月も入りますが、受験生は勉強を選ぶべきです。

 

ライバルたちはみんな勉強しているということを忘れないでください。

中学三年の夏休み

中学一年の夏休みは、まだのんびりしているかたが多いでしょうね。

 

ですが、自分自身の現在のレベルよりも高い高校を目指したいのなら、中学一年の夏休みは既にもう高校受験対策をしていなくてはいけません。

 

とは申しましても、最も大事なことは、わからない部分を残さないように習ったことはしっかりと消化し覚えて前に進むということです。

 

それが出来るかたは、先へ先へと進んでおきましょう。

 

学習塾の必要性を感じなければ、参考書や問題集を使いこなして自分自身でいくらでも進めるはずです。

 

中学二年も同じです。

 

夏休みの時点でわからない部分があれば、必ず休み中に覚えるようにしてください。

 

そして一年の復習をしっかりとして、二学期、三学期の自習を進められればなお良いです。

 

三年生になりますと、本格的な高校受験対策に入ります。

 

それでも、中学三年で習う勉強もそれなりに多いですから、一年二年の復習とともに、やはりわからない部分がないように夏休み中に覚えてください。

 

数学の問題などは、苦手な部分を克服できるよう頑張ってください。

 

苦手な問題は、とにかく似たような問題を数多く解き、応用問題にも対処できるようにすることです。

 

いくつも解いているうちに理解が進み、突然、簡単に思えてくる場合もありますよ。

 

暗記が必要なものは、繰り返し頭に叩き込みます。

 

中三の夏休みは率直に申しまして、もう遊んでいられる時期ではありません。

 

目指す高校によっては、部活動もそろそろ引退しないといけないかもしれません。

 

「まだ冬休みがある」という安易な考えだけは絶対に持たないでください。

 

冬休みからの高校受験対策では、もう追いつかないと断言できます。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ