高校受験の為の学習塾を選ぶポイント

学習塾に通ってみる

今の時点でもうすでに中学二年生や三年生になっている生徒さんでも、気付いたときから内申書を良くする方法は実行できます。

 

しかし、勉強のほうは突然一生懸命にやろうと決心しても、それまでの基礎が疎かになっていれば思うように進みません。

 

やってもやっても思うように進まないと、けっこう早い時点で嫌になってしまいますよね。

 

ですから、高校受験対策は中学一年から毎日コツコツ積み上げてゆくことがもっとも大事なのです。

 

三年生になってからとか、中三の夏休みからなどでは、正直遅いです。

 

そうは申しましても、すでに二年生や三年生になってしまっていますから、なにか方法はないものでしょうか。

 

お金がかかることではありますが、学習塾に通うのが手っ取り早い方法です。

 

 

学校の友達や先輩後輩の間で、評判になっている学習塾はありませんか。

 

学習塾ならどこでも良いというわけではありません。

 

身近な人々の評判を参考にしてください。

 

学習塾の評判は、非常に単純明快でして、塾に通うようになってから成績があがったかどうかで決まります。

 

成績があがれば良い塾であるとの噂が広がり、成績が変わらなかったり下がってしまえば悪い塾という噂が広がります。

 

ですので、良い評判の学習塾は期待できると考えて良いでしょう。

 

しかも、学習塾では、高校受験対策を考えて授業をしてくれます。

 

しかしながら、先生との相性もありますし、教え方が合っているか合わないかということもありますので、その学習塾に通った全員が成績アップするとも限りません。

 

しばらく様子を見て、ダメだと思ったなら次を探すことも必要でしょう。

 

とにかく、独自の勉強方法ではどうにもできないと思ったならば、学習塾を頼りにしてみることも必要です。

学習塾の選び方

高校受験対策に学習塾を活用するのも良いものです。

 

費用がかかるという点ではデメリットでもありますが、それ以外ではメリットも多いです。

 

良い先生にあたりますと成績アップにも繋がりますし、他の生徒たちが頑張っているのを見て、自分も頑張らなくてはと思うことも少なくないでしょう。

 

学校の授業では何故かそのように思わないものですが、学習塾ですとそのように思う生徒が多いようです。

 

他の学校の生徒たちも来ていますから、あいつには負けたくない、といったようなライバル心が芽生えることもあるでしょう。

 

復習と予習をバランスよく取りいれてくれますので、学校の授業で小さくなっていなくて済むのも良いですね。

 

中学生が通う学習塾は、当然ですが高校受験を念頭に置いていますから、必然的に高校受験対策をしていることにもなります。

 

昔、学習塾というのは、先生一人に対して生徒が多数であるのが当たり前でした。

 

学校ほどの大人数ではないにしろ、先生一人に対して生徒が複数人であったのが当たり前だったのです。

 

しかし最近では、個別指導の学習塾も増えてきています。

 

個別で教えてもらうということは、家庭教師とほとんど変わらないということでもあります。

 

生徒の性格によりましては、大勢で勉強していますと、なかなか先生に直接質問しにくいこともあるようですから、そのような生徒には個別指導の学習塾が良いかもしれません。

 

もしくは、後ほど改めて書かせていただきますが、家庭教師という選択肢もありますね。

 

学習塾が、その生徒に合うか合わないかは、通ってみなくてはわかりません。

 

高校受験対策に出遅れたと感じている生徒は、現在の授業についていくのが大変だったりするわけですから、学校と同じような講義形態ではいけません。

 

わからないことを、わかるまで質問できる形態、わかるまで教えてくれる先生を選びましょう。

高校受験対策は、なにも授業についていくのが大変な生徒だけの問題ではありません。

 

成績が良ければ良いなりに、レベルの高い高校を目指しますから、優秀な生徒たちにも必要なことです。

 

もっとも、優秀な生徒は大概、日々の勉強の習慣もついていますから、学校の授業はほとんど簡単に理解が出来てしまうことでしょう。

 

ですので、どちらかと言えば、中学校の授業が簡単すぎる故に、もっと難解な問題に挑戦したいといった気持ちで学習塾を選ぶことになります。

 

現在の中学での学年順位が上位だからといって満足してしまい、そのずっと上を目指すくらいの気持ちがないと、他の中学の優秀な生徒に負けてしまいます。

 

特に私立中学の生徒たちは先へ先へと勉強を進めていますから、彼らと同じ高校を目指すのであれば、同じように先へ先へと勉強を進めてゆき、常に学校の授業以上のものを勉強しなくてはなりません。

 

そのためには、ご近所の学習塾というようなところではなく、大手予備校の中学生クラスに入るのが望ましいと思います。

 

大手予備校では、学校の授業よりもワンランクレベルの高い勉強をさせてくれますし、夏期講習や冬期講習なども開催している場合が多いですから、本気の高校受験対策には最適です。

 

他の中学の生徒で、同じ予備校に通っているかたがたとは、高校に入ってから同級生になる可能性もありますね。

 

気の合うかたとはお友達になって高校の情報交換などもすると良いでしょう。

 

高校生になりますと、今度は大学受験で忙しくなりますし、大学受験は高校受験以上に大変です。

 

ですので、中学時代はお友達と遊ぶ時間もある程度とることが望ましいと思われます。

 

学校内でも予備校内でも、気の合うかたとは親しくなっておきましょう。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ