親の高校受験対策は早い方がいいです

高校受験対策はいつから?

現在では、ほとんどの中学生が高校へ進学するようになりましたね。

 

高校というのは義務教育ではありませんから進学しなくてもかまわないわけですが、進学する場合には各高校を受験しなくてはなりません。

 

中には「推薦入学」というかたちで、中学校の推薦により高校入学が決まるかたもいらっしゃいますが、それ以外のかたは、レベルの高い低いにかかわらず、必ず受験をしなくてはなりません。

 

そして、人気のある高校は受験希望者も多いわけですから、かなり勉強をして優秀な成績をとらなくてはなりません。

 

しかし、せっかくの中学時代に勉強ばかりというのも、もったいないですね。

 

中学時代というのは人生のほんの一部ではありますが、もう二度と戻ってこられない時期でもありますからね。

 

では、多くのかたはいったい、いつ頃から高校受験対策を始めるのでしょうか。

 

そのあたりのことが気になりませんか。

 

一般的な高校を受験する多くのかたが中学三年、もしくは中学三年の夏休みあたりと答えています。

 

優秀な進学校を受験するのでしたら、中学二年。

 

東大合格者を数十人も排出するような高校の受験となりますと、中学一年、いえ小学生のころから高校受験を意識しているかたもいらっしゃることでしょう。

 

もちろん本人ではなく、親御さんがということですが。

 

受験したい高校と今の学力とによって、いつから高校受験対策をすればいいのかが、おのずとわかってくるのではないでしょうか。

 

しかし、これは決まり事ではありませんので、やはり本人がその気にならないことにはどうしようもありません。

高校受験対策はいつ頃からしたらいいのか。

 

そのような問いをよく耳にしますが、本来はそのような問いは必要ないものと思います。

 

最初から高校受験を希望しているのでしたら、日々の勉強をしっかりやることこそが一番重要なことではないでしょうか。

 

わからない部分を残さないように、その都度、消化していき、覚えるべきことは後回しにせずにその時点で覚えてゆくこと。

 

中学に入学した時点から、そのように勉強し続けていれば、特別な高校受験対策などは必要ありません。

 

とくに高レベルな進学校を目指すのでないかぎりは、それで充分なのです。

 

適度に部活動にも励み、友達との付き合いもこなし、楽しい中学校生活を送りながら、日々の勉強もきっちりやっておく。

 

それがもっとも良い方法であると思います。

 

高校受験は、受験の時の試験の成績のみで合否が決まるわけではありません。

 

内申書というものがありますが、そちらも非常に重要です。

 

と申しますのも、内申書というものは中学一年から三年までの中学生活の集大成のようなものです。

 

もちろん、三年間の成績の記録も含みます。

 

つまり通知表の数字ですが、これが内申点として記入されます。

 

要するに、中学一年からコンスタントに良い成績をとっている生徒であるのか、それとも中学三年になってから必死で勉強をし、試験の点数を上げた生徒なのかがすぐに知られてしまいます。

 

もしも、受験時の試験の点数がほとんど同じであったら、高校側は内申点を見てどちらの生徒を選ぶと思いますか。

 

そうです、中学一年のときから、コンスタントに良い成績を取り続けている生徒を選びます。

 

そのような事実から見ましても、どこかの時点で高校受験対策を考えるというよりも、やはり中学一年から受験を意識しつつ、コツコツと努力を重ねることが望ましいでしょう。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ