子供のやる気に火をつける!第一志望の高校に合格させる勉強法とは!

勉強時間より、集中力が重要です。

ダラダラと時間をかけて作業を行うよりも、集中して作業を行った方が効率が良くなると思った事はありませんか?

 

勉強だって同じです。

 

自分は常に集中して勉強していると思っている方も、ちょっと考えてみてください。

 

人が本当に集中できる時間は、最高でも90分程度だと言われています。

 

つまり、本人がいくら集中しているつもりでも、実は脳の状態はそれほど集中しているわけではないのかもしれません。

 

勉強する時間は、できれば1時間以内に細かく区切り、その都度、休憩を挟んでみましょう。

 

その際に、脳に必要な糖分やビタミンといった栄養を補充してあげると良いですね。

 

また、集中力が落ちてきたなと感じたら、少し身体を動かして、気分転換をしてみてください。

 

脳をリラックスさせてあげる事で、再び集中力を高める事ができます。

 

長時間かけて勉強すると、「何時間も勉強したから大丈夫」といった安心感は得られるかもしれません。

 

けれど、勉強した内容が必ずしも頭に入っているとは限らないのです。

 

ダラダラと時間をかけて勉強するよりも、時間にメリハリを付けて集中力を高めることを心がけましょう。

勉強を始めたらなぜか掃除をしたくなったことはありませんか?

勉強を始めたらなぜ掃除したくなるのかというと、それは自分に対しての言い訳をしたいからです。

 

特に、勉強に対して自信が持てない場合、何か言い訳になりそうな事を予め用意しておくと、それだけで安心しますよね。

 

テストで良い点数が取れなかったのは、勉強しようと思ったらつい掃除をしてしまったから、つい本を読んでしまったから、ついテレビに夢中になってしまったから。

 

自分自身に対してそんな言い訳ができるよう、無意識のうちに実行してしまっているわけですね。

 

これは、自分がどんなに頑張っても無理だった、できなかったと思いたくない感情から出てしまう行動なのです。

 

また、勉強に対してストレスがある場合にも、やはり勉強とは違った行動が取りたくなるでしょう。

 

そういった時は、掃除などの行動が勉強を始める前の儀式だと捉えてみませんか?

 

この儀式を10分行ったら、必ず勉強する。

 

頭をちょっと切り替えて気分転換にする事で、勉強を始める良いきっかけにする事ができるようになるかもしれません。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ