子供のやる気に火をつける!第一志望の高校に合格させる勉強法とは!

短期間で成績を上げるにはどうぢたら良いか?

短期間で成績を上げるにはどうすれば良いかというと、とりあえずやる気を出してみましょう。

 

いくら成績を上げたくても、やる気がなければ勉強しても長続きしません。

 

継続して勉強できなければ、成績が上がるわけないですよね。

 

それに、ただ長時間勉強すればいいというものでもなく、集中して勉強しなくては頭に入らないでしょう。

 

自分一人だけでは集中して勉強するのが難しいようなら、塾に通ったり、家庭教師に教わったりするのも、短期間で成績を上げるのに有効な方法です。

 

経済的、あるいは、時間的に、塾や家庭教師は無理ということでしたら、通信教育を利用するという方法もありますね。

 

通信教育のテキストは要点をわかりやすくまとめてありますし、居住区の学習内容や志望校に合わせて勉強できるように作られていることがほとんどなので、効率的に学べます。

 

また、単に学校の成績を上げようとするのではなく、将来、何をしたいのか、どうなりたいのかを真剣に考えてみるというのもオススメです。

 

今はあまりイメージできないかもしれませんが、いつかは社会人になって働くことになるわけですよね。

 

どんな仕事をしたいのか、どのように働きたいのかによっても、この先の進路は変わってきますし、進みたい進路に合わせた勉強が必要になります。

 

何のために勉強するのかというのが明確になれば、勉強に対するモチベーションも維持しやすくなりますから、成績も上がるでしょう。

目標を設定したほうが良いです

目標を設定したほうが、勉強にもプラスになります。

 

これは、何に対してもそうなのですが、漠然と何かを始めるよりも、ある程度の目標があった方がやる気も出ますよね。

 

その目標は、何でもいいのです。

 

例えば、毎日ドリルを5ページやるといった目標でしたら、なんとなく簡単そうですよね?

 

でも、これを10日間続ける事ができたとしたら?

 

1ヶ月、半年、一年ずっと継続できたら?

 

トータルすれば、ものすごい学習量になります。

 

勉強する時に設定する目標は、あの高校に合格する、あの大学に合格するといった大きなものばかりではいけません。

 

簡単にクリアできるような、小さな目標を設定する事も大切なのです。

 

小さな目標を設定し、それをクリアしていく度に、自分を褒めてあげたり、自分に対してご褒美をあげたりするといいでしょう。

 

その繰り返しによって脳は満足し、最終的には大きな目標も達成できるようになります。

 

大きな目標を立てるとなかなか達成できないので、途中で挫折してしまうことも少なくありません。

 

ちょっと努力すればクリアできるような目標を設定する事も、勉強を効果的に行うためには必要な事なのです。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ