子供のやる気に火をつける!第一志望の高校に合格させる勉強法とは!

模試は受けるメリット

模試は受けないよりも受けた方がいいでしょう。

 

なぜなら、以下のようなメリットがあるからです。

  • 今の自分のレベルが分かる
  • 弱点に気づける
  • 今後の学習計画に役立つ
  • 出題傾向が把握できる
  • 問題を解くペースが確認できる
  • 試験の雰囲気に慣れることができる

 

まず、今の自分のレベルが分かります。

 

現時点でどのくらいのレベルに達しているのか分かるので、モチベーション維持に役立ちます。

 

どこが苦手なのか明確になるというのも模試を受けるメリットです。

 

ここで間違えた問題を解けるようになれば、合格率がアップします。

 

出来具合によって学習計画を見直すことができますし、出題傾向を把握できるのも大きいです。

 

さらに問題を解くペースを確認できたり、試験の雰囲気に慣れることもできます。

 

このようにたくさんのメリットがあるので、模試はできる限り受けた方がいいでしょう。

 

しかし、ただ模試を受けるだけでは意味がないので、それをどうやって生かすかが重要になります。

過去の問題集の選び方

受験に合格するには過去問をやった方がいいのでしょうか?

 

結論からいうと過去問は必ずやるべきです。

 

合格者の多くはみなさん過去問を何度も何度もやっています。

 

過去問をどれだけ多く解くかが合格への鍵といっていいでしょう。

 

書店に行くと過去問題集がたくさん販売されていますが、おすすめは解説が詳しいタイプです。

 

解説が詳しくないと分からないところを理解できないので、できる限り解説が詳しい過去問題集を購入しましょう。

 

そして、ただ過去問をやるだけでは身になりません。

 

必ず目標点数を設定してください。

 

目標点数を設定することで自分にプレッシャーを与え、集中力をアップさせることができます。

 

また目標点数を突破した場合、それが自信にもなるはずです。

 

間違えた問題をもう一度解いてみるというのも重要です。

 

間違えた問題はまた間違える可能性があるので、本当に理解しているのかどうか確かめるためにももう一度解いてください。

 

こういったことを意識しながら過去問を解いた方が学力アップに繋がります。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ