子供のやる気に火をつける!第一志望の高校に合格させる勉強法とは!

推薦入試は利用した方が良い人、悪い人

入試には一般入試と推薦入試の2つがあります。

 

一般入試の場合は落ちる可能性がありますが、推薦入試は合格する可能性が極めて高いです。

 

では、推薦入試を利用できるなら利用した方がいいのでしょうか?

 

利用した方がいいかどうかはその人によって異なります。

 

例えば、学力が高く一般入試でも問題なく合格できる実力を持っている場合、わざわざ推薦入試を利用する必要はないといえます。

 

特に志望校のランクが下がってしまう場合は利用しない方がいいでしょう。

 

利用した方がいいのは受験に不安がある人です。

 

一般入試で落ちる可能性が高い場合は推薦入試を利用した方がいいでしょう。

 

また、実力がある人が推薦入試を利用して、ランクの低い高校に行ってしまった場合、高校生活がつまらなく感じるかもしれません。

 

逆に実力不足の人が推薦入試でランクの高い高校に行ってしまうと授業についていけず、大変なことになる可能性があります。

 

推薦入試にはメリットとデメリットがあるので注意しないといけません。

高校受験で失敗したらどうすればいい?.

高校受験は受かる人もいれば、落ちる人もいます。

 

もし、高校受験に失敗してしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

 

まずは気持ちを切り替えることが大切です。

 

第1志望の学校に落ちたことは非常にショックだと思いますが、それで人生が全て終わった訳ではありません。

 

そこでいつまでも落ち込んでいては、第2志望の高校にも受からない可能性があります。

 

難しいかもしれませんが、気持ちを切り替えて次に挑むようにしてください。

 

また、親御さんは過度に干渉しない方がいいです。

 

受験に失敗した後の子供は酷く落ち込んでいるので、そこで下手に優しい言葉をたくさんかけたり、怒ったりすると自分を責めてしまいます。

 

その行為が子供の人生を狂わせてしまう可能性があるので、あまり気にしない素振りをしてください。

 

もし、子供が今後の進路について相談してきた場合は、じっくりと時間をかけて真剣に考えてあげましょう。

 

仮にレベルの低い学校に行くしかなくても、努力次第で有名大学に進学することも可能です。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ