子供のやる気に火をつける!第一志望の高校に合格させる勉強法とは!

志望校の選び方

志望校をどのように選べば失敗しないのでしょうか?

 

志望校を選ぶ場合に注目したいポイントは以下の通りです。

  • 難易度
  • 通学のしやすさ
  • 学習内容
  • 雰囲気
  • 施設の充実度
  • 教育方針
  • 制服
  • 部活

 

まず、真っ先に考えないといけないのが難易度です。

 

あまりにも難しいところはリスクが高いので避けた方がいいでしょう。

 

どうしてもそこに行きたいのであれば、受験してもいいですが、失敗した時のことも考えておかないといけません。

 

通学がしやすいかどうかも重要なポイントです。

 

通学しづらい高校だと遅刻したり、面倒になって行かなくなる可能性もあります。

 

どういった学習内容なのか、どのような雰囲気の学校なのかというのも重要です。

 

またどのくらい施設が充実しているのかやどういった教育方針を持っているのかもチェックしないといけません。

 

さらに女の子なら制服のデザインも選ぶ時の重要なポイントになりますし、何かやりたいことがあるならどんな部活があってどのくらいの成績を上げているのかも調べてください。

受験勉強はいつから始めれば間に合うか

受験勉強をいつから始めればいいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

早い人だと中学1年生から既に始めているケースもあります。

 

たしかに早ければ早い方が勉強時間が長くなるので、合格率がアップするかもしれません。

 

しかし、早いに越したことはありませんが、あまりにも早すぎると途中で息切れをする可能性もあります。

 

3年間もずっと高いモチベーションを維持するのは非常に難しいため、中学1年生から始めるのがベストとはいえません。

 

モチベーションを維持できる人ならいいですが、全員が全員そうとは限らないので、無理に早くから始める必要はないです。

 

本格的に受験勉強を始める時期は、中学3年生の夏くらいからでも十分だといわれています。

 

夏からであれば、モチベーションを維持するのは楽ですし、集中して勉強に取り組めるはずです。

 

ただし、それまでにしっかりと普段の勉強をしておくことが前提です。

 

基礎ができていないと夏からでは間に合いません。

過去10年間の公立高等学校入試を終結した過去問題集!

公立高校入試 過去問題集


志望校に合格したい方、今よりさらに自信をつけて入試を受けたい方にお勧めの問題集
  • あなたが受験する公立入試の過去問・・・・だから入試に出るところから勉強できる
  • 過去10年分をパターン別に特別編集・・・だから苦手なところを徹底的に練習できる
  • 99%ここから出る!英単語3ページ付録つき・・・この3ページを暗記すれば長文が読める!
歴史・理科の付録もバッチリ付いています

過去10年間の公立高等学校入試問題集!!!の詳細はコチラ